~ロマンの果てに~ サン・シーロの海賊記

大航海時代Online A鯖(旧E鯖)で活動中のヘタレた海賊の航海日誌


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちまう事だってあるんじゃないの?色々あるよ・・・

お盆が過ぎ、朝晩は涼しくなってきましたね。
10月までは昼間は真夏日が続きそうですが、
夜、涼しくなってくるとテンションMAXなサンシロですハロハロ

いいよね。秋っぽいのって・・・
食欲の秋と性欲の秋です(*´д`*)ハァハァ


さて大航海。
インドでの熱戦に終止符が打たれ、我々シュラも危険海域となったアジアへ移動しようという事になった訳です。
最後に一仕事するかと、メンと海に出たとき、事件は起こりました。


インド西岸~南岸ハイウェイでいつものように暴走行為をしておりますと、
視界に1隻の軍船が。

イングランド国籍の改装重キャラック。いわゆる漢船です。

ふふふ、俺たちが跋扈してる海域で海事しようとは、
兄ちゃん、いい度胸じゃないの。ちょっとツラかせや
とばかりにその船めがけ突進していく海のクズ2名。

改装重キャラックの強みは何と言っても轟音機雷。
こちら2名ということもあったので、一応機雷発見は入れるつもりでしたが
万全を期して俺だけF8を統率にシフトした。

が、この判断が命取りになった訳です・・・・


戦闘開始と同時に、イングランド海軍に援軍要請をかける敵船長。
海賊に襲われた際の一般航海者にとって当然の処置です。

海軍のガレオン級の船に囲まれ、
敵船長はその間を縫うように轟音機雷を敷設していく。

この船長、素人じゃないな。

そう直感した時、異変に気づいた。
僚艦が大混乱に陥っていたので、F8を連打し統率をする俺。

しかし、僚艦からの修理がない。

これはやばい。そう思いF8を修理に変更しようとしたが時すでに遅し。
気づくのが遅れたせいもあり、機雷&砲撃のコンボで撃沈された・・・

なんてこった。まさか海事Lvもおぼつかない船に敗北を喫するとは。

後から確認すると、僚艦のF8は前日からの戦いの傷跡を癒すため
名工になっていたそうだ。


完全に俺の油断が招いた失態。
弁解の余地はありません。
今回はこの相手船長の勝利だ・・・・

海賊の世界、負けるほうが弱い。勝ったほうが強い。
俺はそう思っている。
小さな油断がその後1時間活動禁止という結果につながるのです。
いい勉強になった。
長く海賊をやってますが、日々勉強です。
大切なのは同じ事を2度繰り返さないこと。
これを教訓に、もっと腕を磨いていこう。そう思わせられた夏の日でした。


さて髑髏がついたので仕方がない。
ちょうどBC期間なので1時間時間を潰したあと

安全化解除されるアジアへ向け出航した。


到着してみると、中々の人数が。他国海賊はいない。


うはははははははは

アジアはいただいた!
野郎共、大いに荒らそうぜ!!

敗北の鬱憤もあってか、猛威を振るいだすオスマン海賊のクズ4人。


しかし、その時・・・・




ジャカルタから颯爽と出航してくるヴェネツィア国籍・ポルトガル国籍の賞金稼ぎ艦隊がwww


ダメだこりゃwww

何してもダメな時はダメだw


て事でその日は活動終了w

寝ました^-^;



んんー

何で危険になったばっかのアジアにこれだけの戦力が?w
海賊はほぼいないヴェネツアという国ですが、
これにはまじでびびりましたよ(´ノω・。)


こんなのがウヨウヨいたら仕事どころじゃないわ。
もう撤収かな・・・


じゃ、今日はこれにてwノシ
スポンサーサイト

Comments

自分・・・ 
元ヴェネのくせにぃ ┐(´∀`)┌

No title 
そう、ヴェネ出身なんだよね・・・
ヴェネで海賊団作ってみたかったw

強い軍人多いけど、皆PKKに走るよねヴェネ。
さち子もそのうち・・・・(´;д;`)ブワッ

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
黒(ぶら)っく もみじ
プロフィール

サン・シーロ

Author:サン・シーロ
ニックネーム:サンシロー
国籍:イスパニア
商会:Echelon
職業:賊

凶悪な海賊として活動中
ありがとござんす

ブログペット
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング
かうんたー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。